ホットヨガでむくまない体へ

身体が冷えて、起きるのが“むくみ”という症状です。

冷えて、血管が収縮して血流が悪くなり、血液リンパが流れにくくなっておこるのです。
むくみが出ると、さらに筋肉の動きも悪くなります。

したがって、悪循環に陥る。これが“むくみ”の怖いところですね。
むくみが進むと、ボディラインにまで影響が出てきますからね!

むくみの原因は水の摂り過ぎはもちろんです。誰もがそうだと思ってますよね。
しかし、摂らなさすぎも注意が必要なのです。

アルコールやたばこの過剰摂取などたくさんの生活の中での要因があります。
これは、アルコールが分解されるのに水分が必要です。

身体を使ってないと、筋肉が弱くなっていて、血流が流れないという理由もあります。
筋肉を動かすことでそれがポンプとなり、血管に刺激を与えて血流を促す働きも筋肉にはあります。

身体を動かして、血管を広げて血流を流してあげましょう!!

むくみにくいカラダになろう!

冷えを強く感じるのが足先。
むくみを強く感じるのはふくらはぎではないですか?

ポンプである心臓から一番遠い足先は、どうしても血行不良になります。
血行不良にならないようにマッサージをしてあげることも重要です。

ホットヨガもいいですね。
それもトレーニングする前にほぐしてから行うのでは全く違った効果があります。

小さなケアの積み重ねが、体の不調を解決してくれます。

吉祥寺 ホットヨガ教室 

コメントを残す